ラジオニセコのYouTubeチャンネルに「ニセコ町防災通信」9月放送分をアップしました!

夏が終わって秋を迎える9月。今年の9月は8月の気温を引き継いだような感じで、全体を通して暖かい(時には暑い!)1か月でした。また、敬老の日・秋分の日が絡んだ3連休が2回あり、ちょっと遠くへお出かけしたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

月が変わって10月。秋本番です。気温が一段階低くなって寒さを感じ始める月でもありますので、引き続き体調管理には気をつけていきましょう!

さて、今回のニセコ町防災通信は「ニセコ町の原子力防災について」がテーマです。泊原子力発電所からそれほど離れていない場所に位置するニセコ。原子力防災も1つの大きな役割となっています。では、原子力防災ってどんなことをしているの?ということで、ニセコ町防災専門官の青田さんが詳しく解説してくれています。加えて、泊原子力発電所のセキュリティ面についてもお話いただいています。やはり大きなエネルギーを管理する発電所。その発電所のセキュリティは本当にしっかりしているんだな~と青田さんのお話を聞いていて感じました。

今回はコーナーのラストで、青田さんから原子力防災に関するお願いがあります。原子力発電については賛否が分かれることもあります。ただ、「防災」の観点から賛否は関係ありません。ニセコ町が原子力発電所からそれほど遠くない距離にある現状を踏まえ、原子力防災へのご理解とご協力を何とぞお願いいたします。

ぜひ、ご覧ください♪

↓↓動画は下の画像をクリック↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。