Brand New Saturday 2022.6.4

6月になっても朝は肌寒いニセコ。

でも、お日さまは早くから高いところに上って、雲間からそっと私たちを見守っています🌞

***

★ニセコ鉄道遺産群★

JRニセコ駅のニセコ大橋側の隣接地にある、ニセコにまつわる鉄道遺産を展示しているスポットです。

2021年7月にオープンし、冬の間は展示をお休みしていましたが、今年は5月28日より展示が始まりました。

去年は1か所だった入り口が2か所になり、ニセコ大橋側からも入れる階段がつきました。

こちらから入ると、転車台がとっても近くで見られます。

👆写真奥の車庫の扉が開いて、ニセコエクスプレスの先頭部分がご覧になれますよ~!

***

実際にこの場所で使われていた「旧新得機関区転車台」、函館本線山線を走っていた機関車と同じ形をした「9643」、ニセコのリゾート列車「ニセコエクスプレス」の3つの鉄道遺産を眺めることができます👀

ニセコエクスプレスは立派な車庫にしまわれていますが、9月末までの土曜日・日曜日10時頃~15時頃は車庫の扉が開きます。

***

3つの鉄道遺産を並べてご覧になれるだけでも贅沢ですが、鉄道遺産群は函館本線山線の沿線に位置しているので、せっかくなら現役の列車も一緒に写真に収めたくなりませんか…?📸

現在は車庫のニセコ大橋側の扉が開きますので、ニセコ駅を発車し蘭越方面に向かう列車ならニセコエクスプレスと並べてどちらも正面から写真が撮れます!

車庫の扉が開くのは10時頃~15時頃。

その間にニセコ駅を出て蘭越方面に走る列車は…なんと2本!⚡

10時7分発、12時52分発です。

もちろんその他にも通過列車はありますが、通過だと一瞬で過ぎ去ってしまうので…💦

素敵な写真を撮りたい方は、貴重なシャッターチャンスを逃さぬよう!!

***

ニセコエクスプレスの車庫の側面には、ニセコと鉄道の歴史を紹介したパネル展示が。

また、敷地内にはゆっくり休憩できるテーブルとチェアも用意されています。

3つの鉄道遺産と、時折やってくる現役の列車を眺めながら、の~んびりとした時間を過ごしてみては?

***

★五色温泉インフォメーションセンター★

アンヌプリ登山口そばにある、ニセコ山系で登山やトレッキング、キャンプなどを楽しむ方々の拠点となっている施設です。

ニセコの街なかはお日様の光が差すキラキラしたお天気でしたが…、五色温泉インフォメーションセンターの辺りは曇っていました。というか、雲の中でした💭

視界は40~50mほどでしょうか?

ただ立っているだけで髪や服が湿る、不思議な感覚でした。

***

こんなお天気ですが、明日山開きを迎えるということもあり、インフォメーションセンターの駐車場には車が十数台。

登山客の方の姿が多くあり、晴れるのを待って待機されている方や、果敢に山の方へ向かう方の姿が見られました。

ただ、インフォメーションセンターのスタッフの方によると、できればこんな日は、山に入るのは控えた方が良いとのこと。

視界が悪いことに加え、今年は残雪が多いそうなので、雪を踏みぬいて滑落してしまう危険性もあります。

安全を考えると、日を改めたり、天気の良い別のコースに変更したりするのが賢明ですね。

***

これから登山や山菜採りのシーズンが本格化しますが、くれぐれも入山には危険が伴うことをお忘れなく。

・計画を立てて行動する

・単独で入山しない

・通信手段を備える

・家族に行動予定を伝え、連絡を入れる

・十分な装備を携行する

など、当たり前のことですが改めて確認しましょう。

油断した時に、遭難やケガが起こります。

しっかりと気を引き締めたうえで、ニセコの自然を目いっぱい楽しんでくださいね🥰

***

五色温泉インフォメーションセンターは、6月1日~10月末頃まで、8時~17時に開館し、登山客の方に向けて情報を発信しています。

スタッフの方が山の状況について相談に乗ってくださるほか、最新の山の情報が掲示されていたり、お手洗いも完備されていますので、ぜひご利用ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。