RADIO NISEKO

A Personality

A way of Life

物心つく前から、とにかく目立ちたい子だった。

電車の中で突然熱唱して周囲から失笑を買ったり、

自宅前の道路で国語の教科書を音読したり。

 

”マイクの前で話したい”

中学の頃に、

そういう仕事につくことに決めた。

 

小林愛菜

Communication

話すことが仕事だとずっと思ってた。

聞くことが仕事だと思い直した。

放送を通じて居場所を作ることが仕事、という思いを経て、

今、暮らしそのものが仕事、かも。

ステーションネーム「ラジオニセコ」として、羊蹄山麓エリアの人々に親しまれている「ニセコエフエム放送」は、ニセコ町JRニセコ駅前にある小さな放送局。

ニセコ一の聞き上手になりたい。

 − 「ラジオニセコ の愛菜ちゃん」

Live in...

I live in Niseko, but it doesn’t have to be.
It just happened to be where I work.

大学のゼミでたまたま視察(放送とは関係ないテーマ)に訪れたニセコ。

その後、たまたま縁があって、この地に就職&住んでいる。

小さな町。

Healing

”プライベートで好きなことは?、どんな時が楽しい?”

ショッピング、ドライブ、食べ歩き、山歩き、

ジャニーズ。

人の話を聞いている時、は楽しい。

Am I Satisfied?

今の生活に満足してるかって??

満足なんて簡単にするものじゃないし、かと言って不満だらけってわけでもない。

毎日、満足も不満もたっぷりとおいしく味わってます。

People who can be happy As a Personality

01

好奇心

ラジオで話すこと、それは、 さまざまな情報、身近に起こる出来事、そして実際に体験し感じたこと。 つねに好奇心というアンテナで身の回りにある情報を得て、 それを各々の個性で表現すること。 つねに「いま」を感じる仕事。

好奇心ありますか?

02

想像力

ラジオには映像はありません。 言葉や音だけでリスナーへ情報や感じたことを伝えるメディア。 ラジオはメディアの中でも趣味性の高さやリスナーとパーソナリティとの距離感の近さで「個人の時間」に寄り添うメディアです。 一人一人に優しく語りかけ、想像を促すラジオは、データがあふれる現代だからこそ「あなたの声で“あたたかさ”を届けることができます。 ラジオの向こうへ、どんな「楽しい」「感動」「情報」そして「あたたかさ」を創造し届けたいですか?

03

協調性

ラジオニセコでは、番組へ出演されるかた、放送の様子を見学に来るかた、ふと訪れるかた、遊びにくるかた、いろいろな人が放送局には訪れます。 ラジオパーソナリティがリスナーの皆さまへ語りかけるような距離感の近さと相まって、まるで キャッチボールをしているような独特の感覚を与えてくれます。 コミュニティFM、 そんな皆さんと一緒に「語り合い」「笑い合い」「汗をかき合い」ときには一緒に「涙を流し合い」ともに歳をとるメディアです。 あなたは、どんな人たちと、どんなふうに歳をとりたいですか?

04

夢を!

あなたは、どんな夢を持っていますか? ラジオパーソナリティは、いろいろな体験ができる場所だと思います。 また、ニセコもいろいろな夢を語り合い、かなえ ることができる場所かもしれません。 それには、夢を持ち、夢を語り合い、無我夢 中になること。 あなたはラジオニセコで、どんな夢をかなえたいですか?

Interested in working as a radio personality?

RADIO NISEKO is waiting for You

Daily life of radio Niseko personality

It seems so obvious, but it’s not so obvious.
So that you can feel all of Niseko.
Even if Niseko is talked about only with beautiful things, it will not be good for Niseko.

© 2024 RADIO NISEKO 76.2MHz. All Rights Reserved.