Brand New Saturday||スタッフブログ|小林のブログ

Brand New Saturday 2021.9.11

*放送後記*

今日は、ニセコ町内2か所から中継しました!

***

★ファクトリーアウトレットマルシェ

@ルピシアグルマンニセコ工場★

朝露に濡れた草木の中から蛙の声がする会場には、

今日もたくさんのお客様がお越しになっていました。

毎週楽しみにいらっしゃっているお客様も多いので、

皆さん、マルシェでのお買い物のプロ。

列に並んでオープンを待つ間、

マルシェ担当のスタッフの方から

今日のおすすめ商品の説明があるのですが、

そこでお目当ての商品を決めて、

オープンしたら一目散にその売り場へ。

効率よくお買い物をされていました。

このマルシェが地元の方々に

しっかりと根付いているのだなと感じました。

***

今日は新作パンが2種類登場していました。

ルピシアの茶葉を使った

「アールグレイクリームコロネ」(写真左)と、

バジルソースとトマトが白樺パンに乗った

「トマトタルティーヌ」(写真右)。

トマトタルティーヌのトマトは、

ルピシアスタッフで北アイルランド出身の

ポールさんの自家菜園のトマト。

ポールさんはニセコにいらっしゃる前、

四国のシシトウ農家で働いていらっしゃったこともあり

畑仕事がとっても得意な方なんです!

このトマトも、甘酸っぱくてフルーツのようでした。

また、写真奥にあるのは今日のスペシャルスイーツ

「モンブランロール」。

秋ですね~!

シナモンをまとわせたアーモンドを混ぜ込んだロール生地に

フランス産の栗クリームが挟まっています。

ロールの上にも栗とモンブランクリームが乗っていて

なんとも贅沢!

***

食欲の秋、いっぱい食べたくなる季節には

お買い得なファクトリーアウトレットマルシェがぴったり。

ニセコ町元町地区にあるルピシアグルマンニセコ工場にて、

毎週土曜日朝7:30~9:30に開催されています!

***

★ニセコワイナリー 羊蹄ヴィンヤード★

ニセコワイナリーは、ニセコ町近藤地区にあるドメーヌです。

ドメーヌとは、栽培から醸造、瓶詰め、販売まで

一貫して手掛ける生産システムのこと。

ニセコワイナリーでは、3つの畑で有機栽培でぶどうを育て、

スパークリングワインの醸造を行っています。

今日私がお邪魔したのは、ワイナリーに隣接する

「羊蹄ヴィンヤード」。

ご覧の通り、最高の見晴らし!!!

羊蹄山の麓、少し小高くなった場所に並ぶぶどうの木。

他では見られない、唯一無二の光景です。

今日は爽やかな風が吹き、

木の葉の揺れるさらさらという音がとても心地よかったです。

赤とんぼが飛ぶ、のどかな畑でした。

***

この時期は、たわわに実ったぶどうを

病気から守るためにひたすら管理を続けているそう。

本間さんの畑は有機栽培のため、

どうしても葉や実が病気にかかりやすいんだとか。

ぶどうの実の周りの風通しを良くするために

余計な葉を剪定し、

病気になった粒をピンセットでひとつひとつ取り除きます。

取り除いた実はその辺に落としておくと

また菌が飛んでしまうので、

畑の外に持っていって処分します。

この作業をするために、はさみとピンセットが一体になった

特別な道具を使っているそうです。

この方が、ニセコワイナリーの

栽培・醸造責任者の本間泰則さんです。

***

本間さんによると、雨が少なく、

晴れた日が多かった今年の夏は、

ぶどうづくりには絶好の気候だったそう。

このあと台風が直撃しなければ、

今年は良い出来のぶどうができそうだということです。

今年の秋に収獲されたぶどうは、

来年の夏ごろにスパークリングワインとして販売されます。

美味しいワインができるのが、楽しみですね(^^)♪