Kira 綺羅 Niseko|

新コーナー「武郎のことづて~有島記念館の時間~」

こんにちは!ラジオニセコの小林です。

だんだん涼しいを通り越して、寒くなってきましたね~。

暖房をつけるか否か、悩む毎日です…。

 

さて、明日10月8日(木)より、夕方の生放送「Kira 綺羅 Niseko」内16:31~、

新コーナーが始まります!!!

その名も「武郎のことづて~有島記念館の時間~」。

毎月第2・第4木曜日、有島記念館の学芸員である伊藤大介さんや

スタッフの方にお越しいただき、

ニセコ町とかかわりの深い作家・有島武郎の作品と、

作品の裏側にある有島武郎の人生経験や思いなどをご紹介いただくコーナーです。

 

ニセコ町に住んでいる方なら、一度くらいは聞いたことのある

「有島武郎」という名前。

しかし、名前を聞いたことがあっても、どんな人なのかイマイチ知らない…、

有島武郎の作品を読んだことがない…、という方も

いらっしゃるのではないでしょうか??

 

はい!正直に言うと、私もです!!

でも、自分一人で有島作品を読むのはちょっと難しそうですよね…。

そんなあなた!ラジオニセコを聴いて、伊藤さんに解説していただきながら、

一緒に有島作品を読んでみませんか?

私もこのコーナーを通して、ひと作品ずつ、ちょっとずつ、

読んでいきたいと思います。

 

まず初回の10月8日(木)と、22日(木)は、「生れ出づる悩み」をご紹介いただきます。

有島武郎と、岩内出身の画家・木田金次郎との出会いをモチーフに

描かれた作品です。

物語中にニセコや岩内などの、私たちに馴染みの深い場所が

たくさん登場しますので、「あ、あそこか!」って想像しやすいです。

 

すでに読んだことがある方も、読んでいる途中の方も、

これから読むという方も、なんなら、全く読む気が起きない方も。

ぜひ毎月第2・第4木曜日の16:31~、

「武郎のことづて~有島記念館の時間~」、お付き合いください♪