ニセコモーニング|宮川のブログ

春なのに♬

みなさん、こんにちは。ラジオニセコ宮川です。ニセコもすっかり雪がなくなり、春といっていいのだと思うのですが、昨今の新型コロナウィルスの感染予防から、ぜんぜん外に出かけていないので、春なんだろうなという感じです。とはいえ、都市部とは違い、空気もきれいだし、人も密集しているわけでもないので外を散歩するくらいは大丈夫なんですけどね。ということで、ラジオニセコのすぐ横にある桜ケ丘公園で「カタクリの花」「エゾエンゴサク」などの野草が咲き始めているので、来週には散歩に出たいですね。ちなにみ昨日の日曜日はというと、大林宣彦監督作品「ふたり」をみて、そのあとは読書三昧の一日でした。何を読んだのかというと、

上橋菜穂子「明日はいずこの空の下」

今は旅行になかなかいけないですからね。この本を読んで、行ったような気持になろうとおもいきや、読んだせいで妄想ハワイ旅行工程表つくりを友人とLINEでしてしまいました。そして、そのあとは

ラジオで話すことのヒントがあるかなとおもいつつ、ちょっとだけ読もうと思ったら、あっというまに読んじゃいました。この本は、自分のような仕事をしている人にとっては参考になりますね。

そして最後は、きわめつけ

最後まで読むうちに、熱くなって熱くなって。やっぱりいいですね桜木花道。

ということで、映画の秋でも読書の秋でもなく、春ですが、読書を楽しんだ1日でした。今度の日曜日は、土でもこねりいこうかなぁ~。