お知らせ

放送番組変更のお知らせ

ラジオニセコよりお知らせ
3月18日(土曜日)16:00から放送いたしました
サタデーオープンスタジオ
宝積公士さんの番組「サクサクサタデーメディカル」について
放送素材の中に、一部以前放送した部分がありました。
お聴きになっているリスナーの皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしました。
以上のことから、本日3月19日(日曜日)18:00から放送予定でありました「宝積公士のサクサクサタデーメディカル」は、番組を変更し、ニセコウィーケンドラジオとして放送いたします。
楽しみにされていたリスナーの皆様には、大変申し訳ございません。今後とも、ラジオニセコ宜しくお願いいたします。

ヤーコンってご存知ですか?

まだまだ寒い今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

前回のブログを見ると秋ですので、すっかりご無沙汰してしまいました。

ニセコ駅前では、今週末のシーニックヤキニク・ナイトに向けて、着々と準備が進められております‼

駅前にあるのは、美しい星型☆夜にはライトアップされます。綺羅の湯さん渾身の作です‼

ちなみにこちらはラジオニセコの雪像。表面はシーニックマンならぬキン肉マン‼

裏面は周波数『76.2』を作りました‼ 点はこれからです(笑)

綺羅乃湯さんの入り口には、氷のオブジェがお出迎え!

色が変わって美しいです♪

そして、ニセコの冬は美味しい味覚も満載です!

雪の下に貯蔵されている、お野菜は一段と甘みを増して雪の中から出て来てくれます♪

白菜、じゃがいも、キャベツなど・・・

今回はキャベツの写真です。

ただ、ニンニクとオリーブで蒸し焼きにしただけですが、キャベツの甘味が噛みしめるほど口中に広がって・・・ジューシー&ティスティー♪

そして、みなさん、ニセコではヤーコンも採れるんですよ!

ヤーコンは以前から健康野菜として知られていますが、ニセコのヤーコンは他の場所で食べたものよりも甘くて美味しい‼

ナシとレンコンを合わせたようなお野菜ですが、そのまま食べてもフルーツのように甘いんです‼

調理法は、サラダやキンピラ、ピクルス、漬物などがメジャーですが、今回挑戦したのは・・・

ヤーコンチップス‼

作り方は簡単!

①皮をむいて薄くスライスします。

②これに片栗粉を振って混ぜる(私はビニール袋に片栗粉を入れて空気を入れてヤーコン入れて踊りながら振るのが好きです)。

③適量の油で少し茶色くなるまでカリッと揚げます。

クレイジーソルトや青のりなんかも良いと思いますが、まずはシンプルにお塩でどうぞ‼ ジャガイモと違ったパリパリとした食感と甘みがあるので、やみつきになりますよ・・・?

ニセコは四季折々の景色と、美味しいものがあります。

みなさんも、是非遊びに来てくださいね♪

 

最近、自分と同じ名前の人と出会いまして

みなさん、こんにちは。

ラジオニセコ宮川博之です。寒い冬となりニセコはというと、先月1月まで雪が少ない少ないと、スキーヤーやスノーボーダーについては残念だったようですが、町中に住んでいる自分にとっては、雪かきが少なくてよかったと思っていました。

でも、きちんと年間降雪量というのは帳尻があうようで、2月に入るかなという日から雪が降り続いています。ま、ニセコなのですから雪があってあたりまえですし、だからこそ、あの朝一で日が差した時の一面白い素敵な景色が楽しめるんですもんね。

さて、そんな中、最近身の回りで変化といえば、自分でよく料理をするようになったこと。ま、男飯ってなかんじで、簡単なものばかりですけどね。このまえつくったのはオムライス。それも中身は玄米をつかったもの。ところが、つくりはじめて「あ、ケチャップがすくな」と気づいたのは、ご飯をいためはじめてから。ま、いっかと玄米にバターとシオ・こしょう、そしてニンニクで味付けして、卵をふんわりと(実はニセコにあるとあるシェフに教わったのですが)つくり、のこり少ないケチャップで顔をつくって終了。いかがですかね?

いまにも「俺を、お前は食べるのか!ほんと、食べるのか!いいのかおい!」ていいそうでしたが、しっかりと完食!そして、後日には卵をつかった料理にはまりできたのがオムナポリ! 卵が半熟のうちに作り置きした「ナポリタン」をのっけてできあがり。これがまた、魚肉ウィンナーをつかったおかげで彩りできたかな?

そして、もう一つ知り合いの家に、家族が増えて会いにいったらこれがまた、たまらんのです。

ダルメシアンの「HIRO」ちゃんです。名前は男の子っぽいけど女の子ですよ。そんな「HIRO」ちゃんにメロメロになっていると、その家のじいちゃんに、ヒロが「HIRO」にメロメロなって面白いなって。

そのあと「・・・・HIRO、ダメだよ」って、家の中で会話がでるたびに、何かざわざわする自分でした。では、また。

ラジオニセコ通信2月号訂正のご案内

☆ラジオニセコよりお知らせです☆
今月もお届けしております、ラジオニセコ通信‼
今月号(2月号)の裏面に掲載がございます、『第2回北のラジオドラマ大賞』受賞作品の放送日時に、誤りがございましたので、訂正させていただきます。
放送日時が、1月17日となっておりますが、正しくは2月17日です。放送時間18時~18時50分については、変更ございません。素敵な作品ばかりですので、皆さん是非聴いてください♪

※『北のラジオドラマ大賞』とは…?
北海道ラジオの会が主催する、誰でも参加できるラジオドラマの作品コンクールです。毎年、北海道をテーマとした作品を募集しており、北海道の思いを生き生きとした音で表現・発信しています。
この活動は全国からも注目され、応募は道内にとどまらず、全国各地から届いています。
今回の放送作品の内容については、下記のラジオニセコ通信2月号裏面をご覧ください。

番組変更のお知らせです

番組内容変更のお知らせ

 

現在、深夜帯に放送しております、『Find Your Music』につきまして、

諸般の理由により、平成29年1月22日(日)をもって終了となります。

平成29年1月23日(月)からは、下記の内容となりますのでご承知願います。

引き続き、ラジオニセコの番組をご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

≪ 変更内容 ≫

変更日時 平成29年1月23日(月)より

月曜日~木曜日 1:00~3:00 『Find Your Music』⇒『Niseko Music Train』

土曜日     2:00~3:00  『Find Your Music』⇒『Niseko Weekend Radio』

日曜日     1:00~3:00  『Find Your Music』⇒『Niseko Weekend Radio』

以上

スタッフ募集のお知らせです

只今、ラジオニセコでは、新規スタッフを募集しております‼

詳細については、下記の案内をご参照願います。

我こそは‼というあなた‼どうぞお気軽にお問い合わせください♪

ラジオニセコで、あなたの力を生かしてみませんか…?

平成28年度第1回番組審議会議事録

2016年7月21日に開催されました、平成28年度 第1回ラジオニセコ番組審議会議事録を公開します。

Ⅰ.開催年月日 平成28年7月21日 

Ⅱ.開催場所  ラジオニセコ放送局  北海道虻田郡ニセコ町字中央通33番地

Ⅲ.委員の出席

   委員の総数      6名

   出席委員数      4名

 出席委員の氏名   

   小貫 理  (おぬき おさむ)氏

   田邊 裕二 (たなべ ゆうじ)氏

   坪井 訓  (つぼい さとし)氏

   望月 岳志 (もちづき たけし)氏

 欠席委員の氏名   

   高山 真澄 (たかやま ますみ)氏

   中西 貴子 (なかにし たかこ)氏

 放送事業者側の出席者名 

   ㈱ニセコリゾート観光協会 代表取締役 鎌田 克己

   ニセコ町副町長    林 知已

   ラジオニセコ放送局長 宮川 博之

   ラジオニセコ放送局員 三宅 彩子

 Ⅳ.議 題 

1、ラジオニセコより報告

2、番組内容について

『ニセコモーニング』(平成2877日放送分)

Niseko Amusic Lounge』(平成2876日放送分)

Kira・綺羅・Niseko』(平成28623日放送分

       『Niseko Colorful Salad』(平成2872日放送分)

3、審議委員より報告に対するご意見

4、その他、意見交換 

5、閉会

Ⅴ.議事の概要

  1. 平成28年4月~6月 放送番組について
    1. ニセコモーニング 担当 三宅彩子
    2. Niseko Amusic Lounge 担当 宮川博之、アシスタント 三宅彩子、竹内祥子
    3. Kira綺羅NISEKO 担当 竹内祥子
    4. Niseko Colorful Salad 担当 三宅彩子、竹内祥子、アシスタント 宮川博之
    5. Niseko Weekend Plus 担当 宮川博之、ボランティアパーソナリティーの皆さん
    6. フライデー・サタデー オープンスタジオ

担当 ボランティアパーソナリティーの皆さん

    1. Find Your Music

週15番組を放送中

    1. DJ762 制作 三角山放送局週10番組 前回と変更なし
    2. 音楽再生番組Niseko Music Train、Niseko WeekendRadio、Niseko Juke Box

 

  1. 審議委員からの意見
  1. 各番組の報告について

   審議委員)

    ・NisekoJukeBoxについて、まだ演歌がかかる比率が多いように思う。厳密にいえ  

     ば、演歌ではないものもあるかもしれないが、歌謡曲と演歌の区別がつかないものも

     あり、もう少し間引きできないか。また、一時的に流行ったものも多い気がする。

    ・他の番組も含めて、全体的にランキングがかかる比率が多くなっているように思う。そ

     んなにランキングは必要ないのでは。

    ・また、朝の番組での朝刊拾い読みはヘッドラインだけで良いと思う。一つの記事を読

     む時間を短くして、情報量を多くした方が良い。

     そして、北海道夏の甲子園や、地域のスポーツ大会の様子なども盛り込んで

     も良いのでは。中継はできないにしても、取り上げてみると面白いと思う。

 

   当方)

    ・ありがとうございます。種々検討させていただきます。

 

   審議委員)

    ・選曲について、かけた曲に対して具体的なコメントがあると解りやすい。

    ・ニュースのヘッドラインについてですが、一部議員のことや政治のことは、具体的な内

    容を読んでしまうと、偏りが生じてしまうので、公平性を保つためにもヘッドラインだけで

    良いのではないか。

    読む方で意図しなくても、そういう風に取られる可能性があるので。

    またその他の話題に関しても、興味があれば個人で詳しく読むので、具体的に読まなく

    ても、こんな記事があるという程度で良いのではないか?

 

   当方)

    ・選曲については、コメントせずに曲をかけるというのも、一つの技法ではある。一概に全ての曲に

     ついて理由を説明するという訳ではなく、なぜこの曲をかけたのか?と思わせるのも技法の一つ

     ではあります。

     ただ、違和感のない様にかけるのも、当方の技術のうちなので参考にします。

    ・新聞については参考にしたい。

 

    審議委員)

    ・夜中にかかっている曲も選曲しているのですか?

    当方)

    ・ランダム放送のものと、提供番組を受けているものとがあります。

    

    審議委員)

    ・防災関係のテストは問題なく終えているのですか?

 

   当方)

    ・はい。今後は例年通り9月に局員3名を含めて、防災訓練を行う予定です。

    ・この間は、役場より先に北電の担当者から連絡が来ました。

 

   審議委員)

    ・7月以降も、このままの番組を踏襲していく予定なのですか?

 

   当方)

   ・7月以降も、基本的には変わらずやっていこうと思いますが、担当者の変更を考えています。また、

    番組の構成についても、ランキングがどうなのかということも含めて、考え直していきたいと思いま

    す。

    昼の生放送は、朝の再放送ではないということと、何かあったときの情報発信が出来るということが

    メインで始めたので、内容は引っ張ることにはなるかもしれない。あまり内容がコロコロ変わっても、

    リスナーの皆さんを動揺させてしまうので、ある程度は固めた中で徐々に変えていきたいと思う。

 

   審議委員)

   ・実際に4月からの番組改編を行っていかがですか?

    また、生放送時間が増えたことでの負担や楽しさは?

    当方)

   ・決して生放送が増えたということで、楽にはなっていないが、反応が比較的良好だということもあり、

    生放送が増えたのは楽しい。

    審議委員)

   ・聴いてる方も、生の方が楽しい。  

   当方)

   ・農家の方にしてみれば、朝の再放送は聴かなくてもいいかと思っていたが、今生放送となったの

   で、そのまま聞いてくれているようだ。内容についてはこれから煮詰めないといけないと思う。

    審議委員)

   ・昼の放送でバラエティの要素が移動したので、朝の放送が情報番組として、締まっていいと思う。

    内容については概ね良いと思いますが、工夫をしていけばより良くなると思う。

    当方)

   ・ありがとうございます。努力していきたい。

   審議委員)

   ・リクエストはメールで来るのですか?番組中にアクセスしたメールで読んでいるのですか?地域に

   根差した放送局なので、タイムリーにもっとリクエストが来ると良いのでは。また、遠くの人からも来て

   ますね。そういう人は、インターネットで聴いている人ですか?もっとその輪が広がって、リクエストが

   来るようになると良いですね。そうすると、もっと聞いてくれる人が増えるかもしれない。

    当方)

   ・ほぼメールです。ボランティアパーソナリティーの方で、フェイスブックを使ってリクエストを募ってい

    る人もいるが、メールでのやり取りが主流です。

 

  1. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置

   各種意見について回答済み。

 

4.その他、意見交換

当方より報告)

・審議委員の改選について

 現在、傷病で休まれている方について、代わりの人材を検討して調整中。

・選挙CMの取り扱いについて

 先日の選挙で、JCBAより、一つの党からCMの打診があったが、公平性を保つためラジオニセコとしては見合わせた経緯にある。

⇒いずれも審議委員からは同意を得た。

 

5.審議機関の答申又は意見の概要の公表

公表の方法  【書面の備置、ホームページ掲載、番組内にて公表】

   公表の内容  当議事録の内容

公表年月日  平成28年8月25日~9月25日まで 

ラジオニセコにて掲示

ラジオニセコセミナー2016開催!

ラジオニセコでは、各界で活躍する素敵な方をお招きし、講演とセミナーを開催しています。

今年も開催が決定しました。

日時 平成28年2月28日(日) 13:00~16:00(開場 12:30)

場所 ニセコ町民センター 研修室2

ぜひ、ご参加をお待ちしております。くわしくはチラシをご覧ください。(クリックすると拡大します)

平成27年度第4回番組審議会議事録

2016年1月22日に開催されました、平成27年度 第4回ラジオニセコ番組審議会議事録を公開いたします。

別紙 番組審議会議事録

Ⅰ.開催年月日
平成28年1月22日

Ⅱ.開催場所
ラジオニセコ放送局 北海道虻田郡ニセコ町字中央通33番地

Ⅲ.委員の出席
委員の総数      6名
出席委員数      4名
出席委員の氏名
小貫 理  (おぬき おさむ)氏
田邊 裕二 (たなべ ゆうじ)氏
坪井 訓  (つぼい さとし)氏
望月 岳志 (もちづき たけし)氏
欠席委員の氏名
高山 真澄 (たかやま ますみ)氏
中西 貴子 (なかにし たかこ)氏
放送事業者側の出席者名
㈱ニセコリゾート観光協会 代表取締役 鎌田 克己
ニセコ町副町長    林 知已
ラジオニセコ放送局長 宮川 博之
ラジオニセコ放送局員 三宅 彩子
ラジオニセコ放送局員 竹内 祥子

Ⅳ.議 題
1.ラジオニセコより報告
ア.番組内容について
『ニセコブリーズ』(平成27年12月11日、12日放送分)
『ニセコモーニング』(平成27年12月18日放送分)
『Kira綺羅NISEKO』(平成27年12月23日放送分)
2.審議委員より報告に対するご意見
3.その他、意見交換
4.閉会

Ⅴ.議事の概要

  1. 平成27年10月~12月 放送番組について
    1. ニセコモーニング 担当 三宅彩子
    2. Kira綺羅NISEKO 担当 竹内祥子
    3. Niseko Breeze 担当 三宅彩子
    4. Niseko Radio Cafe 担当 竹内祥子
    5. Niseko Weekend Plus 担当 竹内祥子、ボランティアパーソナリティーの皆さん
    6. フライデー・サタデー オープンスタジオ 担当 ボランティアパーソナリティーの皆さん
    7. Find Your Music 週15番組を放送中。
    8. DJ762 制作 三角山放送局 週10番組 前回と変更なし。
    9. 音楽再生番組 Niseko Music Train、Niseko Weekend Radio、Niseko Juke Box

    ※平成28年1月よりシフトにより、週休2日、週休1日の持ち回りにて担当。

  2. 審議委員からの意見
  3. ア.番組報告について

    審議員より)
    ・今回の期間に関しては悪くなかった。少し慣れてきたのか、読み間違いも少なくなってきている。
    ・ニュースの拾い読みの際に、ニセコ関連のニュースを読み逃すことがある。
    以前、地元出身の倶知安高校の生徒が表彰されている記事が、読まれなかったことがあった。新聞に載っているのに読まれないのは、何か恣意的なものが働いているのではないかと思う人もいる。地元出身のスタッフがいれば、そういったことが回避できるのかと思っていたが、退職されたようで残念だ。

    当方より)
    ⇒目立つ記事、例えば同じニセコエリアでも、最近はヒラフ地区の話題が大きく載るのでどうしてもそちらに目を惹かれがち。今後は注意したい。

    審議員)
    ・確かに、どこまで『ニセエリア』とするのかと言われると難しい問題だが、倶知安町ヒラフ地区の記事ばかりを採り上げると、ニセコ町のラジオ局なのに、なぜヒラフの記事ばかり読むのかという方もいる。
    ・この意見は今回提示された番組に関するものではなく、あくまでより良い番組制作を目的に参考としていただきたい。

    審議員)
    ・いつも自分の会社の宣伝をしてもらっているので、有難いと思う。
    ・年末の特別番組についても、非常に楽しく聞かせてもらった。先日、商工会青年部の方から、今後も年に数回の出演をしたいという意見があった。

    審議員)
    ・ボランティアパーソナリティーが辞めるなど、減少傾向にあるということだが、確かに毎週の出演だときつい。
    自分のように自宅で録音できる人は良いが、他の人にとっては毎回生放送だと負担が大きいのかも知れない。

    当方)
    ⇒開局4年目を迎え、ボランティアパーソナリティー離れなどの問題がある。
    ニセコは季節的な雇用があり、例えば農業をされている方は、夏は農業で忙しく冬は町外へ出ていくので、時期によっては出演が出来ないこともある。確かに、ボランティアパーソナリティーが急遽出演出来なくなった場合、その穴埋めを当方ですることは可能だが、収録素材等を利用することも検討していきたい。
    いずれにしても、今後ボランティアパーソナリティーを増やし、町民参加を維持したい。

    審議員)
    ・ボランティアパーソナリティーが複数名で出演出来るなど、出演条件を緩和すれば、もっと町民の方も出やすくなるのでは?

    当方)
    ⇒今後は出演条件を緩和していきたいが、複数名での出演は、リスナーが置いてけぼりになってしまう懸念がある。そのような状況は避けたい。

    審議員)
    ・とはいっても、やっぱり知り合いが出ていると聴く。コミュニティFMでは、そういった聴き方の方がむしろ自然だと思われる。

    審議員)
    ・『みんなのあそぶっく』のコーナーの様に、複数名でチームを組み、週替わりで出演するなどして、ボランティアパーソナリティーの負担を軽減してはどうか?

    当方)
    ⇒検討したい。

    審議員)
    ・朝の放送は、番組改編当初よりも慣れてきて落ち着いてきたようだ。また、午後の放送はテンポ良く、若々しく、聴きやすい放送になっていると思う。
    ・年末のラジオドラマの放送が楽しかった。
    ・午後の番組の定番コーナーである『ニセコ駐在所よろず日誌』は、上野所長がまさに今、ニセコで起こっている話をしてくれるので、とても身近に感じられて良いと思う。
    ・ニセコ高校生も番組に何度か出演しているが、高校生だけでなく、小中学校にも声をかけて、地元の人がもっと出演出来るようにしたら良いと思う。

    林副町長)
    ・先程、ボランティアパーソナリティーが減少傾向にあるとの話が出たが、今現在、新たにボランティアパーソナリティーをやりたいという人はいるか?

    当方)
    ⇒現時点では出ていない。これから何か企画を考えなければならない。
    今後、4月からの番組改編も含め、スタッフと検討予定。

    林副町長)
    ・ニセコ観光圏は、ニセコ町が事務局となっているが、今後、民間企業を含め様々な事業を展開していく予定にある。例えば、今年3月には、地方創生の先行型、デジタルサイレージの導入をする予定。それにより、お天気・交通情報や観光情報・スキー場の情報などを見ることが出来る。ニセコ駅、道の駅ニセコびゅープラザにも設置される。ラジオのライバルになり得る。情報共有を含めて、このデジタルサイレージとの連携をどうしていくのか、考えていく必要がある。
    ・今後、ニセコ町の商工観光課とラジオニセコとで、情報の取り扱いについて打ち合わせしたほうが良いのではないか。

    当方)
    ⇒ニセコエリアの情報収集拠点があれば良いのだが、現状はバラバラであり、様々な場所からの情報発信となっている。今後どのような対応が必要なのかを含め検討したい。

    審議員)
    ・午後番組の交通情報として、ニセコ町のデマンドバス(にこっとバス)の予約状況を案内しているが、いつも予約でいっぱいというアナウンス。もう少し工夫が必要だと思う。

    当方)
    ⇒確かに予約状況はいつもいっぱい。本当は、1週間前の予約状況をお伝えできれば良いのだが、常に、翌日、翌々日までびっしり予約が入っている。

    審議員)
    ・それは、どちらかというとデマンドバス自体の問題では?

    林副町長)
    ・デマンドバスは、ある程度時間の幅を持ち、みんなが拾い合って乗せるような形が望ましい。今年は学生のリフト券が格安に買えるようになったので、利用客が増えている。
    ・デマンドバスは、時間に余裕のある使い方が共通認識になれば、乗り合いなどにより利用者を増やすことが出来る。

    審議員)
    ・デマンドバスの利用方法など、基本的な考えが固まり次第、その内容についてもラジオでご案内するといいのでは?
    ・今年から始まった周遊バスも、もっと周知できれば利用してもらえると思う。

    当方)
    ⇒検討します。

    審議員)
    ・その他の点で気になることと言えば、イーライセンスの問題は影響ないのか?

    当方)
    ⇒北海道はJCBAが窓口として対応しているので、静観している。

    当方)
    ⇒先般、ラジオニセコに対するご意見を伺うため、ニセコ全町民に対して広報誌の折り込みにアンケートを加えた。現時点では、一通しか返ってきていないが、やはり、届くものは批判的な内容のものが多く、『ラジオを聞かなくても解る情報ばかりで、聴く価値がない』とのコメントがあった。確かに今の時代は、インターネットでお天気予報・交通情報等を見ることが出来るので、ラジオを聴かなくても良いのは理解出来る。真摯に受け止めて、対応していきたい。

    審議員)
    ・情報の量よりも、娯楽の部分を重視していったら良いのでは?
    情報ばかり詰め込むよりも、多少バラエティーのところもないと面白みが無い。音楽をかけるのも良いと思う。

    審議員)
    ・インターネットビューの件数など、ラジオニセコがどう見られているか、客観的に見れるデータは無いか。

    当方)
    ⇒インターネット上で、ラジオニセコへのアクセス件数やツィッターの内容などを見ることが出来る。

    審議員)
    ・ラジオニセコにアクセスする人は、どのような人・内容が多いですか?

    当方)
    ⇒アクセスは海外の方も増えている。アーティストの方が、自分の曲をPRしてくることも多い。フェイスブックを利用している方は、年々増えてきている。

    審議員)
    ・ラジオニセコホームページの内容が、未だに古いままになっているので、これも改善した方が良い。または、フェイスブックに集約してはどうか。

    当方)
    ⇒ホームページについては、現在改善を図るべくホームページ作成会社と調整を進めており、4月には間に合わせるようにしたい。

    審議員)
    ・先程、情報ばかりだと面白くないという話、あるいは投書での意見があったが、ラジオはやはり、МCやコーナーとコーナーのつなぎのトークに、人間味や温かみが出ると思う。そういうところを重視していけば良いのでは?またはゲスト出演を増やすなども良いと思う。

    当方)
    ⇒努力したい。
    ゲスト出演を増やすという面では、朝の番組ではゲストにラジオ局まで来てもらうのは時間的に厳しいが、今行っている電話中継等を増やせたらと思う。キラキラニセコは、引き続きゲストを呼べるように頑張っていきたい。他局では、高校生が全て行うコーナーがあるところもあり、当局でも検討中。ニセコ高校だけではなく、地元の子が通う倶知安高校の子供へもその輪を広げていけたらと考えている。

    審議員)
    ・高校生とニセコの子供たちの交流の場を、収録等の方法によりラジオで伝えられないか。以前、ニセコ高校の生徒が、ニセコの子供達にスノードーム作りを教えるというイベントがあった。

    当方)
    ⇒スタッフの人数に限界があるため、こちらの番組放送時間との兼ね合いもあり、なかなか難しいが、前向きに対応したい。

    審議員)
    ・録音で対応するというのはどうか?

    当方)
    ⇒次年度どのくらいできるかわからないが、出来る限り対応したい。
    そういう意味でも、収録作業をお手伝いいただけるボランティアを検討中。

    審議員)
    ・以前行った神主さんに取材した際の放送も、10分ものでも30分くらい録音しないと使えない。そして、収録に行くと構えた声しか出さない、等々、難しさはある。
    ・ラジオに限らず、手間暇かけないと良いものはできないということ。現在、局長の方で、次年度の構想を色々練っているということなので、4月からの番組編成を楽しみにしている。

    林副町長)
    ・希望として、子供たちが直接出演するような番組を考えたい。ニセコは現在子供が増えてきていて、非常に子育ての世界が動いている。何かこういった動きを伝えられる番組があれば良いと思う。

    鎌田代表取締役社長)
    ・ラジオニセコとしても、皆さんのおっしゃる通り、外へ外へ出ていきたいが、現在の人員体制では厳しいものがある。悩ましいところだが、町の中によりラジオニセコが浸透していくために、今後も一歩ずつ頑張っていきたい。引き続きご意見を宜しくお願いしたい。

  4. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
  5. 各種意見について回答できなかった点は、現在検討中。

  6. 審議機関の答申又は意見の概要の公表
  7. 公表の方法  【書面の備置、ホームページ掲載、番組内にて公表】
    公表の内容  当議事録の内容
    公表年月日  平成28年1月30日~2月29日まで
    ラジオニセコにて掲示